着物にまつわるお話


by kosode-tansuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 27 )

kimonoの“き”をご贔屓くださいまして、ありがとうございました。


ブログというのを教えてもらい、やり始め、着物という見方を私なりに発信して参りました。


途中、途絶え途絶えのときもあったのですが、皆々様より、“ブログの更新を~”ということでご連絡を頂戴し、拙いブログではございましたが、少しでもお役にたったのであれば幸いにございます。


今後は、こちらです。

http://kinoki.exblog.jp/


今後は、栃木の方からお送り申し上げます。


着付けは今後も仕事して続けますので、

着付けの話。

着物の話。

ちょっとだけ仕立ての話。

等、着物自体のお話。

+ 栃木の話と日本の美しい話を申し上げます。


田舎というは、まだ日本古来のしきたり、催し物がございます。


それらというのは、本当に大切なものであります。

私自身、そういった環境の中で育ったので、何とも思わないんですが、東京の方にお話すると、“あるんだ?”という反応をされてます。



ぜひとも、そういった日本のものがあると頭の隅の方にでも入れていただければ、本来のモノが見えるのではないでしょうか?



気持ちのきであり、季節のきであり、基本のきであり、全てもモノにきというものがございます。


目に見えないものを大切にしていきたいと思います。




き。



※このブログは、このままにしておきたいと思います。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-08-12 12:33

浴衣と足袋の関係。

こんだは、浴衣の時の足袋という話でごんす。

よくご質問を承ります。
“浴衣に足袋履いていいですか?”


残念ながら、あまり、浴衣に足袋は芳しくないんです。


浴衣って、寝巻き・寝間着=パジャマなんです。



前文の“浴衣に足袋履いていいですか?”を直訳すると、

“パジャマにストッキング履いていいですか?”

という訳になります。


まぁ、これは、ご判断いただければと思います。


ただ、日舞のお稽古の時等は、浴衣に足袋を履いてお稽古します。
足袋を履かないとお稽古になりませんので。

それと、お祭りの日に電車で行く際、女性は、冷え性ですし、踏まれたら、痛そうですよね。

なので、現代に合わせ、足袋を履いてもいいかなぁと思います。

が。

しかし、やっぱり浴衣に足袋は可笑しいので、足袋を履くのであれば、夏のキモノを着ましょう!


キモノはお洋服。
浴衣は寝巻き・寝間着。

前者と後者は全く違います。



考えとしては、ちょっと古いのですが、基本的な文化を大切に致しましょう。






基本のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-07-14 12:17
先日UP致しました、お能の謡の会、昨日、お客様が、“私、行こうかと思っているんです”という話から、じゃ、私も行きますということから、30日、朝、行くになりました。
http://kosode.exblog.jp/11430291/


なお、一人では行けないけど、行ってみたいなという方、30日、ご一緒しましょう!


お申込みはこちらから。
http://asazero.higan.net/about/

先着順ですので、お早めに!


取り急ぎのぎ。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-07-10 12:56

下駄の履き方。

下駄の季節ですね。


本日は、下駄の上品な履き方。


勿論ございます。


下駄から、かかとが出るのが、正しい履き方。

鼻緒には、ちょっと引っ掛ける程度でございます。


鼻緒より、足の指が沢山出るのは、ちょっと見苦しいですね。


image:
サンダルやミュールでつまさきがいっぱいいっぱい出ている方、街中でたまにお見受け致しますね。
そのような印象です。


言葉の悪い私から申し上げるなら。

“イソギンチャクじゃあるまいし、そんな、にょきっとつまさきを出すなよ!”


とこのような感じです。

下駄も一緒です。


イソギンチャクのように、履かんでくださいな。



今、こういうことを教えてください方、あまりおりませんで、わからないですよね。


でも、今日、blogで確認したので大丈夫です。



おしゃれは足元から。



イソギンチャクのぎ。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-07-07 17:49

小満の過ぎいく。

最近、きものをお話ができていなく、失礼致しました。

今日は、季節のお話です。


今年は5月21日が小満でございました。

※小満とは↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%BA%80

小満のころより、単衣を着てもいいとされていました。


今は、暦というものがあり、季節がわかります。

でも、昔は、暦というものの無かった時代、どうされていたかと申しますと、旬の食べ物、季節のものを見て、季節を感じていました。


例えば、今ですと、たけのこを見たり、田んぼを見たり、遠くから蛙の鳴き声を聞いたりと。



ただ、東京では、感じることができないのが残念なところです。



では、東京で季節を感じるには、どうすればいいか?


スーパーです。


スーパーとは、常に旬のものがあります。


特に旬のものは、安くなっています。


今ですと・・・・。



いや、スーパーに行ってみてください。


季節のものをコーディネートに入れるということはとても大切なことです。


なにせ、通ですから。



季節を感じるということは、誰も教えてくれませんから、五感で感じ、楽しみましょう。


日本古来のもの、大切にしたいと願う今日この頃です。





追伸:山椒味噌と、柿の葉の天ぷらが美味しい時期ですね。


季節のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-05-24 09:00

暑い日です。

一気に暑くなって参りました!


さてさて、福沢諭吉の巻のご案内☆

明日の21日(木)より31日(日)まで限定で壱万円商品放出です。

-* 福沢諭吉一人+tax *-
  ●訪問着  限定5枚
  ●袋帯    限定15本
  ●大島紬  限定5本
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


なお、

夏帯リサイクル 3.150円 (限定10本)  博多もあります!
夏ポリエステル 3.150円~
夏帯(新品)   7.140円~

留袖リサイクル 3.150円(限定3枚)
帯留        1.050円~
かんざし      1.029円
リサイクル小物   315円

ゆかたも集荷して参りました!



本数、枚数限定ですので、お早めに!
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-05-20 12:08
恒例のたんす屋寄席のご案内!


今回は5月3日(日)でござんす。

開場18時/開演18時30分~


場所はおなじみのお江戸日本橋亭。




詳細は、こちらでやんす↓
http://tansuya.jp/pdf/yose20090503.pdf



帰りは着物で、藤の花見物でもいかがでしょうか?
http://www.kameidotenjin.or.jp/
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-04-28 21:44

4月24日(金)~4月28日(火)

本決算売り尽しさせていただきます!

なんとなんと、9割、5割、3割!

それとそれと、夏物・単衣・小物を除く全ての帯・着物で割引き表示の無いものは、1割引!



プラスプラス、

945円の羽織、道行コート!

9.450円の小紋、紬、帯!!


この時代だからこそ、勝負に出まっせ!




お待ちしておりやす。




割引きのき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-04-16 18:47

トラッドジャパン


以前にアップしました、元気ジャパンこんな感じでした。

http://www.genki-japan.com/

晴れてよかったです。

着物を着て、鎌倉の散策もいいです!


さて、今日は何かと申しますと・・・・。

私、NHKの番組をよく拝見するのですが、今日のおすすめの番組は!



火曜日の夜11:10からの“トラッドジャパン”。
明日は、友禅の説明を英語で放映されます。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/2009/pop-2009-38.html




日本語でも難しいのに、英語で!



勉強勉強。



べんきょうのきょ。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-04-13 15:38
こちら、こちら。


GENKI JAPANのサイトはこちら!
http://www.genki-japan.com/kamakurakimonobiyori2009
↑詳細はこちらで。


失礼致しやした!
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-03-29 12:15