着物にまつわるお話


by kosode-tansuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

明日から。

the 下町です。

明日からの催事、天気もいいので、行く前に、七福神めぐりでもして、ご利益walkでもしてますか?
http://www.suitengu.or.jp/inu_frame.html



いや、待てよ、江戸っ子は気が早いから、早いうちに売れるのでは???



いい商品は、早いに出てしまいますので、

お早めに、ご出陣願います。



祈のき。
[PR]
# by kosode-tansuya | 2009-06-24 19:30 | Un événement

6月25日(木)~27日(土)。


6月25日(木)~27日(土)まで、人形町のウライで恒例の催事です。

今回は、限定品が多数出ておりますので、お早めのご出陣を!


なお、詳細はこちらになります。
http://tansuya.jp/pdf/bbjun2009.pdf



場所はこちらでご確認いただければと思います。

日本橋ウライミーテーホール

東京都中央区日本橋堀留町1丁目9番7号

http://maps.google.co.jp/maps?utm_source=jahpwp



お昼は、玉ひでで、おやつは、柳屋のたい焼きをお土産に!

玉ひで:http://www.tamahide.co.jp/
柳屋:http://www.chuo-kanko.or.jp/guide/shopping/takoyaki/takoyaki_02.html


近くに、たんす屋人形店もございますので、お立ち寄りくださいませ。
http://tansuya.jp/sh_tokyo01.html#tokyo01_192



                                 お待ち申し上げております。
[PR]
# by kosode-tansuya | 2009-06-23 13:58 | Un événement

祭りな季節ですね。


冬のイベントと言いますと、何とも、ロマンチックなイベントが多ござんすが、


夏のイベントと言えば、祭りですね!


小粋な季節ですね~。


東京っぅうもんは、江戸の街でござんして、まだまだ色濃く江戸の色味が残ります。


青山であろうが、最先端の街ですが、江戸文化は伝承されています。

嬉しいかぎりです。


さぁ、この時期、何着る?



いいんですわ、暑ければ、夏物の着物を着ても。



6月1日から単衣、7月1日から薄物(夏物)、9月1日からまた単衣で、10月1日から袷。


決まりは決まりでございます。


これまた、この決まりがややこしい。




6月。

暑いのに、単衣を着るの?

この暑いヒートアイランドの東京で、暑いのに、単衣着ずとも、もういいですよ、薄物(夏物)で。



みなさん、Tシャツっていつから、着ます?

暑いから、Tシャツを着るんですよね!

そうそう、暑いから、夏物を着るんです。



例えるなら、中高生の制服。

6月1日から、夏物に変わりますね。


でも、5月とか、暑ければ、もう夏物の制服を着てもいいという学校ありますよね。

私は、セーラー服だったのですが、5月の暑い日は、夏物のセーラーにカーディガンを羽織っていました。


それと一緒ですよ!


暑ければ、5月から単衣を着て、6月から夏物を着てもいいんです。


だって、暑いんですもん。


ただ、9月1日になったら、暑くても単衣です。

9月に夏物はおかしいです。


暑いのにって。


どんな考え方かというと、


クリスマスツリー。

飾るのって、みなさん、12月頭。もしくは、デパートなどですと、11月後半から。

飾る時期は、いつからでもいいんです。(きものもいつからでもいいんです)


でも!


12月26日のクリスマスツリーって見たことあります?


ないない。

3月4日のひな祭りも芳しくない。



そう、その日まで。



早い分には、いいんです。

でも、その日まで。



それは、日本人の美しい感覚にあるのです。



美シク日本ノ生活ヲしましょ。



美しきのき。




おまけ:http://matsuri.enjoytokyo.jp/
[PR]
# by kosode-tansuya | 2009-06-20 16:07 | よもやま話

男性着付教室!

芒種が過ぎましたね。

暑い日です!


のどがなります・・・・・


さてさて、小袖道場では、男性着付教室も行なっております。


今までは、ご予約でいっぱいいっぱいだったのですが、キャンセルがございまして、ご案内が可能となりましたので、ご連絡☆


■スケジュールと講議内容■
① 7月 4日(土)  フンドシから着流し(座礼、着物・襦袢の着方とたたみ方)
② 7月11日(土)  袴と羽織の着装(座礼、袴下と袴紐の結び方・たたみ方)
③ 7月18日(土)  半衿付け
④ 8月 1日(土)  着物のサイズと選び方講座
             (着物の寸法、自分の寸法、普段着、茶事、季節の決まり事)
⑤ 8月 8日(土)  きものを着て街へ出かけよう!(浅草散歩をします)

こちら時間は、15時~17時となっております。
5回のご受講で10500円となります。
ただ、初回のみ、フンドシ代、別途420円頂戴致します。


フンドシ?!と吃驚されたと思います。
男性の場合、着物を着るにあたって、フンドシって、大切なんです。

帯を締める際、帯の位置がすぐにわかるんです。


これは、ブログでお読みいただいても、ちょっとわかりにくかったり。


一番は、ご受講いただくのが!
なお、男性のみとなりますので、ご了承くださいませ。



さぁさぁ、日本の夏!


鯔背にいきましょうか!


着付教室のき。
[PR]
# by kosode-tansuya | 2009-06-07 13:57 | Un événement

壱万円!?

なんと、壱万円の振袖が6枚入って、まいりました!


取り急ぎ、ご報告まで!
[PR]
# by kosode-tansuya | 2009-05-26 17:28 | 入りました!