着物にまつわるお話


by kosode-tansuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

小満の過ぎいく。

最近、きものをお話ができていなく、失礼致しました。

今日は、季節のお話です。


今年は5月21日が小満でございました。

※小満とは↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%BA%80

小満のころより、単衣を着てもいいとされていました。


今は、暦というものがあり、季節がわかります。

でも、昔は、暦というものの無かった時代、どうされていたかと申しますと、旬の食べ物、季節のものを見て、季節を感じていました。


例えば、今ですと、たけのこを見たり、田んぼを見たり、遠くから蛙の鳴き声を聞いたりと。



ただ、東京では、感じることができないのが残念なところです。



では、東京で季節を感じるには、どうすればいいか?


スーパーです。


スーパーとは、常に旬のものがあります。


特に旬のものは、安くなっています。


今ですと・・・・。



いや、スーパーに行ってみてください。


季節のものをコーディネートに入れるということはとても大切なことです。


なにせ、通ですから。



季節を感じるということは、誰も教えてくれませんから、五感で感じ、楽しみましょう。


日本古来のもの、大切にしたいと願う今日この頃です。





追伸:山椒味噌と、柿の葉の天ぷらが美味しい時期ですね。


季節のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-05-24 09:00