着物にまつわるお話


by kosode-tansuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

6月25日(木)~27日(土)。


6月25日(木)~27日(土)まで、人形町のウライで恒例の催事です。

今回は、限定品が多数出ておりますので、お早めのご出陣を!


なお、詳細はこちらになります。
http://tansuya.jp/pdf/bbjun2009.pdf



場所はこちらでご確認いただければと思います。

日本橋ウライミーテーホール

東京都中央区日本橋堀留町1丁目9番7号

http://maps.google.co.jp/maps?utm_source=jahpwp



お昼は、玉ひでで、おやつは、柳屋のたい焼きをお土産に!

玉ひで:http://www.tamahide.co.jp/
柳屋:http://www.chuo-kanko.or.jp/guide/shopping/takoyaki/takoyaki_02.html


近くに、たんす屋人形店もございますので、お立ち寄りくださいませ。
http://tansuya.jp/sh_tokyo01.html#tokyo01_192



                                 お待ち申し上げております。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-06-23 13:58 | Un événement

人形町。



the 下町です。

明日からの催事、天気もいいので、行く前に、七福神めぐりでもして、ご利益walkでもしてますか?
http://www.suitengu.or.jp/inu_frame.html



いや、待てよ、江戸っ子は気が早いから、早いうちに売れるのでは???



いい商品は、早いに出てしまいますので、

お早めに、ご出陣願います。



祈のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-03-18 19:25

たんす屋寄席

恒例となっております。


たんす屋寄席。


日時:2009年2月11日(水) 建国記念の日で祝日です! 
18時開場・18時20分開演~20時45分ごろ終演

出演:川柳つくし、 林家たけ平、古今亭菊六、鈴々舎馬るこ、月亭遊方

場所:お江戸日本橋亭
http://www1.odn.ne.jp/~engeijou/nihonbashi.html

予約 2000円・当日 2200円
着物でお越しの方は1800円

ご予約・お問い合わせはメールもしくはお電話で!

たんす屋寄席受付窓口担当:小野
電話:03-3623-5291 (平日:10時~18時の間にお願いします)
メール:ono@tokyoyamaki.co.jp
小野までお願いします。


いやぁ、面白いんですよ!

なんともね、乙だね~というところもあり、粋なんですわ。



話は変わりますが・・・

この前、山手に乗っていて、そうですね、19歳ぐらいの大学生が、

“そんな野暮なこと聞くなよ!”

と言っていて、ビックリ。




東京とはいうのは、まだまだ江戸の文化の色濃く残る街ですからね。



この時代だからこそ、目には見えない、ご縁や人情というものも大切にしたい、そう願います。




祈のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2009-01-21 14:28 | Un événement

江戸散策




クリナップのHPの江戸散策です。


http://www.cleanup.co.jp/life/edo/index.shtml

ぜひ、参考までにしてみてください。


お、面白いね!


器のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2008-09-22 09:22 | 散策

江戸小紋・色無地展

江戸小紋・色無地展


さぁさぁ、今週でっせ。


9/24(水)~9/30(火)です。


色無地(鮫小紋)  10.500円
正絹色無地      8.400円
正絹名古屋帯     5.250円
正絹袋帯       21.000円



きものことはじめセット(KDSプラス)
きもの 21.000円 + 名古屋帯 21.000円 = 39.900円
更にセットご購入の方には、草履present!

着物の中で重宝するのは、やっぱり、江戸小紋と色無地です。


名古屋帯を合わせてもいいですし、袋帯を合わせても大丈夫ですから!




もっていたいものです。


基本のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2008-09-21 12:36 | Un événement

落ちるか実るか?



皆さんにとって秋とはどういう感じですか?


食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋…etc




とある方がおっしゃっておりました。


“秋って落ちるか、実るかなのよ。”


と。


はじめ、“落ちる”は葉っぱで、“実る”は果物だと思ったのですが、違いました。


秋って検定が多いのですね!

だから、落ちるか、合格して、実るかなんですね!!

和の検定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きもの文化検定
受験日
10月26日(日)
http://www.kimono-kentei.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江戸文化歴史検定
受験日
11月3日(月)
http://edoken.shopro.co.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌舞伎検定
受験日
11月24日(月)
http://www.kabuki-kentei.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



検定検定と出てきましたが、本来、検定というのは、ないほうがいいのではと思います。


最近は少なくなりましたが、何かお稽古をしていれば、検定は受ける必要がないのです。

茶道や華道、弓道、香道、書道、日舞、能などのお稽古や勉強に、本来終わりは無いということです。

極めて極めて、そこにうまれてきたものを感じなければならない。

だた、現代は、色々な事情で忙しく、お稽古事など、続けるための時間に余裕がないので、こういった検定があるのはありがたいのかもしれませんね☆





合格して、それで終わりにならないように願っております。

この検定が、和モノの入り口と思っていただければと思います。


そして、和モノをお稽古、何か1つ、始めていただければ、本当の文化が見えてきます。

そこからが、本当の日本文化です。




まずは、実ってほしいものです。



祈のき。
[PR]
by kosode-tansuya | 2008-09-04 17:47 | よもやま話